K-POP

新大久保でサムギョプサルに飽きたなら「カルメギサル」を食べてみて!オススメのお店も紹介します!

こんにちは、さやにむです。

日本の韓国といえば新大久保、新大久保といえばサムギョプサル!

でも、何回か新大久保に通っているうちに「サムギョプサルはもうちょっと飽きてきたし、何か違う肉料理も食べてみたいな~」という方もいるのでは?

そんなあなたにぜひとも食べて欲しいのがカルメギサル

韓国の国民的なお肉料理であるサムギョプサル同様に人気で、専門店も数多くあるんです。

今回はそんなカルメギサルと、新大久保でカルメギサルを食べることができるオススメのお店について紹介していきます。

カルメギサルをまだ食べたことがないという方は要チェックですよ~!

カルメギサル(갈매기살)ってどこのお肉?

カルメギサルは豚の横隔膜です。

日本では豚ハラミと呼ばれる部位のお肉で、サムギョプサルとして食べられている豚バラ肉の丁度上あたりにあるお肉です。

※赤い部位がカルメギサル、青い部位がサムギョプサル

サムギョプサルと比べて脂身が少ないのがカルメギサルの特徴。

野菜で包まなくてもパクパク食べれてしまう軽さと、赤身肉ならではの弾力。

そして肉の旨味が噛むたびに溢れ出して、もう.. ほんとに..

1度食べたら間違いなく病みつきになります..!

サムギョプサルはちょっと油っこくて苦手という方や、肉肉しいお肉を食べたいという方に特にオススメできる焼肉です。

考えただけでお腹がすいてきた…. 笑

新大久保でカルメギサルを食べるなら「ソレカルメギ」がおすすめ

さて、そんな中毒性の高いカルメギサルですが、新大久保の「ソレカルメギ」というお店で食べることができます。

新大久保駅を出て左側にひたすらまっすぐ行くと2階にあるお店です。

[map addr=”東京都新宿区大久保1-16-16 祥栄ビル206″ width=”400px” height=”300px”]

日本では初めてこのお店でカルメギサルを食べて見事にハマり、

色々な友達に紹介してきましたが、

「これは美味しすぎる」「サムギョプサルより好きかも!」「定期的に食べたい!」

と、めちゃくちゃ大好評なんです!1回行って損はないですよ~!

店内はあまり広くはありませんが、2階のお店だからなのか不思議と混雑はしていません。

三連休の最終日にこのお店にお邪魔しましたが、11:30の時点ですんなり入れました。

特に並んだりしている様子は見たことはありませんが、12:30頃には満席になっていたのでお昼に食べる場合は12:00頃までには入店するのがオススメです!

そしてこちらが今回の話のメイン、カルメギサル~!お値段は980円!

お肉と一緒に運ばれてくるのが、玉ねぎの入ったちょっと甘めのタレ。

焼いたカルメギサルはこのタレにつけて食べます。タレの中の玉ねぎも美味しい。

さらにそのタレと一緒に運ばれてくるのが、コチュジャンソースときな粉!

「きな粉をお肉につけるの!?」と思う方もいらっしゃるかと思いますが、これが意外と会うんですよー!カルメギサルのお肉の味がちょっと柔らかくなる感じかします。

でも個人的には玉ねぎの入ったタレで食べるのが1番おすすめ。

お肉が到着したら席の中央にある網にお肉をのせて焼く!(店員さんがやってくれる時もあります)

焦げないように混ぜながら焼く!

ひたすら焼く!!

10~15分程度、焼き色がちょっとついたくらいで完成です。

先程のタレ・コチュジャンソース・きな粉のどれかにつけて美味しくいただきます ♡

韓国でも有名なお弁当も、ソレカルメギで食べれますよ~

私はいつもカルメギサルと一緒にこのお弁当を食べてます!

新大久保でサムギョプサルに飽きたらカルメギサルを食べてみて!

実はこの記事を書く前日にカルメギサルを食べたんですが、写真を見たらまた食べたくなってきた…. 笑

サムギョプサルは若干油っこいので毎日はいらないな~という感じですが、カルメギサルは赤身肉なのでお肉独特のくどさがなくて、毎日でも食べたいって思っちゃいます(^q^)

サムギョプサルは飽きたな~って方も、そうじゃない方も、きっと食べたら病みつきになるカルメギサルをぜひぜひ食べてみてください!!!本当におすすめ!!

>> 「ソレカルメギ」公式サイトはこちら

ABOUT ME
さやな
1993年生まれ。新卒未経験でIT企業のSEとして就職するも、メンタルずたぼろになり約2年で退職。好きな時に好きな場所で、好きなことがしたくてフリーランスになりました。コスメと写真と音楽と旅行が好き。