TRAVEL

ヒッチハイクの持ち物は何がある?私がヒッチハイクをして感じた必要な物を紹介します

こんにちは、さやにむです。

先日新宿から山梨の八ヶ岳までヒッチハイクをしてきました。

私は結構心配性なので、出掛ける時に荷物は多くなってしまうタイプなんですが、「これがあって良かった~!」「むしろこれはいらなかったな」と感じたものがありました。

そこれ今回は私が実際にヒッチハイクをして分かった、必要なものを紹介します!

これから初ヒッチハイクをしようと心の中でメラメラと情熱温めている方は、良かったら参考にしてみてくださいね。

実際にやって分かった、ヒッチハイクに必要な7つのもの

スケッチブック

ヒッチハイクの象徴と言っても過言でないのがスケッチブック!

遠くを走っている運転手さんにも見やすいように大きいサイズのものを選びましょう。

ちなみに私たちはB4サイズのスケッチブックを使ってました。

マッキーペン

スケッチブックとセットなマッキーペン!

ヒッチハイクといえばスケッチブックに黒色1色で行先を書いている人を良く見かけますが、赤色で文字を書いて黒色で文字を囲うようにすると遠くからもかなり見やすいです。

こんな感じ!2色使い、おすすめです!

全国高速道路地図

高速を使うヒッチハイクなら持っていて損はない1冊。

ヒッチハイクのプランを組むのにも便利な資料です。

IC・PAの大きさが書いてあるのも結構便利。

充電器

道を調べるのは「全国高速地図」で十分ですが、何気に携帯も良く使います。

乗せてくれた方との会話の中で何か調べものができたとき、

ちなみに私が使っているのはcheeroの充電器。

3回フル充電できるのですごーく重宝しているのですが、今はより新しい型番のものが販売されているみたい。

サイズはより小さく、フル充電の回数は4回になったらしい… 買い替えようかな…

折りたたみ傘

幸い私たちのヒッチハイクでは雨に振られることはありませんでしたが、県を跨いでいくと雨が降っている地域もあるかもしれません。

雨具を持っていない状態でのヒッチハイクは想像しただけでも悲惨!

さすがに雨に濡れた人を車に乗せるのは運転手さんも抵抗があるだろうということは想像できますよね。

道中、コンビニであれば傘を買うことはできますがIC・PAだと売っていない場所もあるでしょう。

折りたたみ傘は持っていて損はないと思います。軽量なものであればなおGOOD

カッパだと車に乗る時にもたついてしまう可能性が高いので、無難に折りたたみ傘を持っておくのが良いでしょう。

【夏限定】熱中症対策グッズ

夏のヒッチハイクで1番注意しなければいけないのが「熱中症」

水分補給と塩分補給はこまめにするようにしましょう。

ヒッチハイクにおすすめなリュック

  • 容量が大きいもの
  • 生地が破れにくいもの
  • できるだけ軽量なものが良い

ヒッチハイクに使うリュックを選ぶ時にはこの3つを基準として持っていると良いでしょう。

私が今回ヒッチハイクに使ったのが、普段から愛用しているPOTERのリュック。

擦れたりすると汚れが白く目立って見えてしまうのがちょっと残念なところですが、

収納量の多さ、丈夫さ、機能性ともに十分満足!

私は身長が160cmありますが、この身長にぴったりなサイズ感のリュックです。

必要な物を準備してヒッチハイクに臨もう!

できるだけ軽量に済ませるのが快適なヒッチハイクをするためのコツ!

行先にもよるものの、日本には高速に入ればIC・PAもあり、下道にも所々にコンビニが点在しているので、必要なものは必要になった時に調達すると考えれば、意外と携帯と財布、スケッチブック・マーカーの4つがあれば何とかなるのかもしれません。

必要なものを用意して、楽しく充実したヒッチハイクをしてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました、それではまた~!

ABOUT ME
さやな
1993年生まれ。新卒未経験でIT企業のSEとして就職するも、メンタルずたぼろになり約2年で退職。好きな時に好きな場所で、好きなことがしたくてフリーランスになりました。コスメと写真と音楽と旅行が好き。